鼻づまりに拍車がかかるなら耳鼻科に行こう

耳をサポートしてくれる

耳

市販されている補聴器はいくつかの種類があるのです。それぞれ特殊が違うので注意して購入しましょう。またデジタル式のものは分析結果をデジタルに変換し、またアナログに変えてくれます。これによって聞き取りやすい音を届けてくれるのです。

もっと見る

診察時間にも配慮

看護師

体調の急変が起こったときでも、新宿にある耳鼻咽喉科では対応してくれます。お子さんから高齢者まで丁寧に診察を行っており、耳に関する悩み相談も受け付けています。また、深夜診察や外国人への対応も行っているところがあるようです。

もっと見る

耳鼻の異常は相談しよう

医師

耳鼻科は、めまいや睡眠時無呼吸症候群などの病気も一部診療の対象とします。新宿の耳鼻科でも、この手の病気の診察を行なっています。耳鼻科は、外科的な処置を得意とするのが特徴です。従って、内科的な症状が強い場合は内科を受診した方が早く治ります。症状に合わせて、診療科を選ぶことが大切です。

もっと見る

鼻の不快感をすっきり解消

婦人

市販薬よりも効果の高い薬

呼吸は鼻だけでなく口からでもできますが、口呼吸をすると喉が乾燥してしまいます。喉が乾燥すると風邪をひきやすくなりますし、鼻呼吸と比べて口呼吸には特有の息苦しさが付きものです。呼吸は口からでなく、鼻からするのが健康のためにも望ましいと言えます。風邪をひくと誰でも鼻づまりを経験しますが、アレルギー性鼻炎の人は風邪でなくても鼻が常時つまっています。最も代表的なアレルギー性鼻炎は、春などに限って症状が表れる季節性の花粉症です。ハウスダストなどが原因の場合は、1年中鼻づまりや鼻水・くしゃみに悩まされることになります。そのような人の呼吸は、どうしても口呼吸が中心になってしまうのです。慢性的な鼻づまりのせいで口呼吸が続くというのは、決して快適な状態とは言えません。何とか鼻づまりを解消させ、すっきりとした鼻呼吸を取り戻したいと願っている人は多いものです。軽症なら薬局やドラッグストアで売られている市販薬でもある程度の効果は得られますが、効果には限界もあります。耳鼻科で処方される抗ヒスタミン薬は市販薬よりも強い作用を持っています。従来は副作用も強いものでしたが、現在は副作用を抑えた第2世代の薬が人気です。

重症患者の治療方法

アレルギー性鼻炎で鼻づまりが起きるのは、ハウスダストや花粉に対する免疫系の過剰反応が原因です。こうしたアレルゲンが鼻に入ると、抗原抗体反応により鼻粘膜の肥満細胞からヒスタミンという物質が分泌されます。このヒスタミンが過剰に分泌された結果、粘膜が強く刺激されて鼻づまりを引き起こすのです。抗ヒスタミン薬はこのヒスタミン分泌を抑えることで症状を緩和する薬です。耳鼻科では飲み薬の他にもステロイド点鼻薬を処方する場合があります。鼻に直接噴霧することで高い効果を発揮するこの薬は、より重症度の高い人に向いた治療法です。ステロイドは強い作用を持つ一方で副作用も心配されますが、耳鼻科医の指導に従って正しく使用していれば問題ありません。こうした薬でも鼻づまりが解消できない場合には、アレルギー免疫療法という手もあります。花粉など特定のアレルゲン抗原を少量ずつ注射することで、体をアレルゲンの刺激に慣らしていく方法です。より重症の人は手術も視野に入りますが、最近では負担の軽いレーザー治療や高周波凝固術・アルゴンプラズマ凝固術も可能です。多くの治療選択肢を用意した耳鼻科の治療で、鼻の不快感から解放されるのです。